起立性調節障害を克服するためにカラダの声を聴く

  1.  » 
  2.  » カラダの声を聴く

カラダの声を聴く

カラダからのサインを受け取る大切さを知ろう

例えば起立性調節障害になった原因が「甘いものを食べすぎた」などの食生活が理由の一つかもしれません。 しかし、実は「甘いものを食べ過ぎる」ことも「結果」の一つに過ぎません。

何故、甘いものを食べてしまうのか・・・・多くのケースでは、そこに「精神的なストレス」が関係しています。


起立性調節障害の根本原因


そのために、甘いものを求めてしまう・・・。


そういったことが起立性調節障害の「根本原因」問題の核として浮かび上がってくることもよくあります。 もし、その問題に気付かずにいたら、また甘いものを食べ続けて、症状は悪化するかもしれません。


また、精神的なストレスは、内臓にもあらわれます。 その影響で、姿勢が歪み、脳にストレスを与えることも。


カラダの声を聴くということ

そんな状況が続くと、運動能力や学習能力の低下も引き起こし不調の連鎖があらわれる可能性があります。 また、ストレス状態が長時間続くと、だんだん感覚が麻痺してきます。


すると体が一生懸命不調のサインを送っているのに、気づけなくなります。 体の危険信号に気づかず、そのまま過労死してしまうパターンすらあります。


だから、いかに「体からのサイン」を受け取ることができるかが大切なんですね。 「健康」だけではなく、私たちの人生すべてにてにおいてそれはとても大事なことなのです。


起立性調節障害の専門家へのご相談はこちら

【※ あなたの大切なひとのために、起立性調節障害naviの「シェア」お願いします】

ページの上部へ戻る