起立性調節障害を克服するために「感情の抑圧(精神的ストレス)」を減らす

  1.  » 
  2.  » 感情の抑圧を減らす

感情の抑圧を減らす

精神的ストレス(感情の抑圧)を減らして起立性調節障害を克服する方法

起立性調節障害の原因のひとつである「精神的ストレス」で一番多いのは「人間関係」がうまくいかない・先生が嫌い・友達とうまく付き合えないなどが大きな要因になっているお子様が多いです。


感情を抑えると体はどうなるのか

人間、生きていれば誰にでも「嫌だなぁ」と思うことぐらいあります。例えば「先生が嫌だ」「友達が嫌だ」など不満があり本人に言いたいことはあるけど言えず「我慢」ということをします。具体的には感情を出さないようにするのです。言いたいことはあるけど言えないで「我慢する」ことを心理学的に「感情の抑圧(よくあつ)といいます。


私たちは「感情の抑圧」をすると、体の(筋肉)を無意識に緊張させているのです。このため、起立性調節障害のお子様は、必ず筋肉に緊張があります。特に 頭・お腹・首・肩・腰・アゴなどが主に緊張します。なかなか筋肉の緊張が取れない方は、感情の抑圧(精神的ストレス)が強くかかっている為です。


ですので、起立性調節障害のお子様は「整体」や「心理カウセリング」でからだの緊張をとることが必要です。ひどくなる前に、起立性調節障害に詳しい整体院や専門家に相談しましょう。


起立性調節障害の専門家へのご相談はこちら

【※ あなたの大切なひとのために、起立性調節障害naviの「シェア」お願いします】

ページの上部へ戻る