「起立性調節障害」と診断されたお子様をもつ保護者の方へ

  1.  » 保護者の方へ

保護者の方へ

「起立性調節障害」と診断されたお子様をもつ親御様へ

突然わが子が朝起きられなくなり学校に行けなくなった。しかし重病には見えない「朝寝坊」によってですから、親としては冷静でいられず、ついきつく当たってしまいます。


カーテンを開け放ち、布団をはぎ取り、なかば感情的に揺り動かし、大声を張り上げていませんか?やがて、あなたも疲れてきて、今度はいらだちを直接子供にぶつけるようになります。「怠けているんだ」「根性がない」「仮病」などの感情的な言葉の数々です。


では、そんな親の動揺を、子供たちはどう受け止めとめているでしょうか。起立性調節障害の子供たちには、怠けているつもりも、仮病を使っているつもりもありません。ただひたすら、目が覚めない、身体が動かないだけなのです。


ひとことと「起立性調節障害(OD)」といっても様々です

症状が悪化する前にできること

一つ例外として、心身症としての「起立性調節障害」があり、この場合は「行きたくない」という心理が「起きれない」の裏側に潜んでいることもありますが、起きようとしない、したたかな意図など子供たちにはないのです。なのに、そんな心のない言葉を親からぶつけられると、子供たちはひどく傷ついてしまいます。


「起立性調節障害」にかかる子供たちは繊細なタイプの子が多いので、言い返すよりも内に秘め、「親から信頼されていないダメな子だ」と自分を責めるようになります。親からは責められ、学校にも行けず、勉強はどんどん遅れていく。自己嫌悪と焦りばかりにとらえられます。やすらぎの場であるはずの家が、とても居心地の悪い場所になってしまいます。


そうなると、自分の部屋に逃げ込むしかありません。家族と口を聞こうとせず、ゲームやパソコンにばかり向かいます。これが続くと、こころを閉ざし気力がなくなり「うつ病」や「パニック障害」に移行していきます。


「起立性調節障害(OD)」を正しく理解してください

起立性調節障害(OD)の理解者が身近に必要

今、何が起きているのか、状況を正しく理解することが必要です。起立性調節障害は朝起きられず、学校に行きたくても行けない病気があるということを、よく知ってください。このサイトで起立性調節障害という病気について詳しく見て、理解してあげましょう。


起立性調節障害の専門家へのご相談はこちら

【※ あなたの大切なひとのために、起立性調節障害naviの「シェア」お願いします】

ページの上部へ戻る