起立性調節障害によくある「ひどい頭痛」の症状について

  1.  » 
  2.  » 頭痛がひどい

頭痛がひどい

なぜ、起立性調節障害になるとひどい頭痛が起きるのか

起立性調節障害の症状として、学校に行きたいけれど、朝から毎日頭痛がひどい「頭が割れるように痛い」「ズキズキ痛い」「頭が締めつけられてる感じ」などで起き上がることができないことで悩む、お子様が多くみられます。


頭痛の種類

頭痛は、大きく分けて「緊張性頭痛」と「片頭痛」に分けられます。


緊張性頭痛の特徴と原因

頭を圧迫されるような、締めつけられるような重い感じで、頭の両側や前頭部、後頭部から首や肩にかけて鋭く痛むのがこのタイプの特徴です。首や肩のこり・痛みをともない、午後から夕方にかけて悪化する傾向があります。学校での人間関係など心理的ストレスなどが自律神経の交感神経を緊張させ血行を悪くすることが原因と考えられます。

片頭痛の特徴と原因

頭の片側または両方がズキズキと鼓動性に激しく痛むのが特徴です。吐き気や嘔吐をともなうことも多く、発作中は、明るい光や音に敏感で、嫌う傾向があります。からだの内外からのストレスが、頭の血管を過度に収縮させ、その反動として、血管が急に拡張することが原因と考えられます。


上記のように、起立性調節障害の頭痛の種類や原因はさまざまです。頭痛のタイプとその原因を特定して、原因にあった治療法を特定することが大切となります。

起立性調節障害の専門家へのご相談はこちら

【※ あなたの大切なひとのために、起立性調節障害naviの「シェア」お願いします】

ページの上部へ戻る