起立性調節障害によくある「光がまぶしい」症状について

  1.  » 
  2.  » 光がまぶしい

光がまぶしい

なぜ、起立性調節障害になると光がまぶしく感じるのか

起立性調節障害の方が、電球を見るとまぶしい・日のがまぶしすぎるなど感じるような症状は、ストレスを多く感じると副腎から抗ストレスホルモンがたくさん放出されため起こります。


その中の一つである電解質コルチコイド(アルドステロン)はカリウム排出を行う機能を持つが、アルドステロンが枯渇することによりカリウムの排出が行われにくくなり、細胞内のカリウム濃度が上がります。


カリウムは神経の働きを抑制するため、カリウム濃度が上がると瞳孔を収縮させることができなくなります。このことが原因で、起立性調節障害の方は光などをまぶしく感じるのです。


起立性調節障害の専門家へのご相談はこちら

【※ あなたの大切なひとのために、起立性調節障害naviの「シェア」お願いします】

ページの上部へ戻る