起立性調節障害による不登校の原因

  1.  » 
  2.  » 不登校

不登校

起立性調節障害は、不登校の原因になることも

起立性調節障害(OD)を発症したために、不登校になる子どももいます。起立性調節障害の3割、さらに中等症以上の症状では5割が不登校になっています。不登校には、起立性調節障害のほかにもいくつかの要因があります。また起立性調節障害の発症といじめも、大いに関係があります。


起立性調節障害で不登校になる原因

不登校とは、何らかの精神的、身体的、社会的要因などにより、登校できなくなることです。その原因はいくつか考えられ、以下の様な登校を阻害する要因があります。


家族・教師への反発

大人の教育方針に反発する。自分の希望を周囲が受け入れてくらないと、捨て鉢になる。

進路への迷い

  • 自分がなにをしたいのかわからず、迷い苦しむ。

  • 進路を決められない。

人生への失望

  • 自分の境遇や能力に失望して、やる気を失う。

  • 目標がもてない

人間関係

友達とケンカしたり、グループからはずされたりすると、学校にいけなくなる

成長の不安

勉強面、生活面などで、ほかの子と同じように行動できないことに悩む

わからない

外出を嫌がる理由が、自分でもわからない。


起立性調節障害の専門家へのご相談はこちら

【※ あなたの大切なひとのために、起立性調節障害naviの「シェア」お願いします】

ページの上部へ戻る