起立性調節障害の症状「心臓がドキドキ(動悸)する」について

  1.  » 
  2.  » 心臓がドキドキ(動悸)する

心臓がドキドキ(動悸)する

なぜ、起立性調節障害になると心臓がドキドキ(動悸)が起こるのか

起立性調節障害の動悸は、自律神経の(交感神経)の過剰緊張が心臓に起こることが原因です。普段ストレスを感じている時、感情が生まれるのですが、その感情を喪失せずに、抑えこもうとすることにより、感情エネルギーが体の中に溜まっていきます。


たとえば、怒りを感じた時に、怒るのを我慢することで、怒るときに使うエネルギーが体の中で溜まっていきます。ストレスも同様で、その溜まったエネルギーを解消するのに、動悸という形で心臓を使うことにより心臓がドキドキしたりします。


起立性調節障害の専門家へのご相談はこちら

【※ あなたの大切なひとのために、起立性調節障害naviの「シェア」お願いします】

ページの上部へ戻る