スマホ・PC・ゲームなどを控えることで、起立性調節障害を克服する

  1.  » 
  2.  » スマホ・PC・ゲームなどを控える

スマホ・PC・ゲームなどを控える

テクノストレスを減らして起立性調節障害を克服する方法

「テクノストレス」とは、携帯電話やパソコン、ゲーム、テレビなどから出る「光や電磁波」のことを言います。起立性調節障害になると睡眠障害になるお子様が多く、朝より午後から夜のほうが元気になるという昼夜逆転現象がおこります。


起立性調節障害のお子様は、1日に長時間ゲームや携帯電話・パソコンをやっている方が多く「目から入ってくる光」で更に自律神経のバランスが悪くなり睡眠の質が悪くなります。そのため、寝ても眠りが浅くなり通常よりも長く寝ないと、体の回復できなくなるため朝起きるのが辛くなる悪循環が起こります。


起立性調節障害と電磁波

また、電磁波にも気をつけましょう。最近の研究では、脳の誤作動が起こりにりホルモン分泌異常が起こるといわれてます。このホルモン(セロトニン)は、睡眠のホルモン(メロトニン)と深く関係していますので気をつけなければなりません。起立性調節障害のお子様は、夜中や寝る前にゲームや携帯電話、パソコンは、やらないようにしましょう。


不明なことがあったら、起立性調節障害に詳しい専門家に相談することも必要です。


起立性調節障害の専門家へのご相談はこちら

【※ あなたの大切なひとのために、起立性調節障害naviの「シェア」お願いします】

ページの上部へ戻る